竹取物語 口語訳まとめ (二)

竹取物語 口語訳まとめ (二)

仏の御石の鉢

 

かぐや姫が出す五つの難題

 

日が暮れる頃、いつものように五人が竹取邸に集まってきました。

 

ある者は笛を吹き、ある者は歌を詠み、ある者は口ずさみ、ある者は口笛を吹き、

 

ある者は扇を鳴らしたりしています。

 

 

さっそく竹取のおじいさんは五人を出迎えて、

 

「恐れ多くも、このような小汚いところに長きにわたりおいで下さったこと、まことに

 

恐縮に存じます」

 

と、ご挨拶申し上げました。

 

そして、

 

「わたくしからかぐや姫にこう申しました。

 

『爺も年を取って今日とも明日とも知れない命でございます。

 

ですから爺が生きているうちに、このように求婚してくださる貴公子方との結婚を

 

よく考えて、お受けして差し上げてくださいませ』。

 

するとかぐや姫も

 

『たしかにそうですね。

 

どなたも優劣付け難い人たちですので、その御心の深さは、

 

わたしが見たいと思っている物を見させていただけることでよくわかるでしょう。

 

どなたと結婚しお仕え申し上げるかは、その結果で決めようと思います』

 

と申しました。

 

これはわたくしにも良い方法に思えます。

 

恨み言もなく決められると存じますが、いかがでございましょう?」

 

と申し上げました。

 

五人の貴公子たちも

 

「それは良い方法です」

 

と同意なさったので、おじいさんはこのことをかぐや姫に伝えるため

 

家の中に入っていきました。

 

 

かぐや姫は、

 

「では、それぞれにこのようにお伝えください。

 

石作の皇子(いしつくりのみこ)には仏の御石の鉢をお持ちになって、

 

それを見させてください。

 

庫持の皇子(くらもちのみこ)には、東の海に蓬莱(ほうらい)という山があります。

 

そこには銀の根っこと黄金の幹を持った、白い真珠を実にならせる木があります。

 

その木の一枝を、お持ちになって見させてください。

 

阿部の右大臣には、唐土(もろこし)にあるという火鼠の皮衣を

 

お持ちになって見させてください。

 

大伴の大納言には、竜の頸に五色に光る珠があります。

 

それをお持ちになって見させてください。

 

石上(いそのかみ)の中納言には、燕(つばくらめ)が持っている子安貝を

 

お持ちになって見させてください」

 

と言い出します。

 

 

おじいさんはそれを聞いて、

 

「何という難題を持ちかけるのですか。

 

どれもこの国にある物ではございません。

 

ああ、こんな難題をどうやってあの方々に申し上げればよいか」

 

とうろたえます。

 

かぐや姫は、

 

「どうして難しいことがあるのでしょう」

 

と言うので、おじいさんは

 

「とにかく、申し上げてみましょう」

 

と言って、また出て行きました。

 

おじいさんが

 

「かぐや姫が言うには、これこれこういうことでございます。

 

お聞きになられたように、どうかご覧にいれさせていただきたい」

 

と申し上げると、貴公子たちはそれを聞いて

 

「断るのなら、やんわりと『この辺りだけでも、どうか歩かないでください』と

 

おっしゃってくださればよいのに」

 

とあきれて、皆帰ってしまいました。

 

 

 

石作の皇子の顛末

 

そうは言っても五人の貴公子たちは、かぐや姫と結婚しないままでは

 

生きていられないような気になっていました。

 

 

石作の皇子はたとえ天竺(てんじく)にある物であっても持ってこれないことがあろうか、と

 

意気込んでいたけれど、現実的な考え方をする人でもありました。

 

「はたして天竺に二つとない鉢を、百千万里を超えて行っても見つけることができるだろうか。

 

たとえ見つけたとしても、譲ってもらうことなどできるだろうか」

 

石作の皇子はいろいろ考えを巡らして、かぐや姫のもとには使者を送って、

 

「本日より、天竺へ仏の御石の鉢(ほとけのみいしのはち)を取りに行ってまいります」

 

と知らせました。

 

その一方で三年ほど経ってから、大和(やまと)の国の十市の郡(とおちのこおり)にある

 

山寺へ行き、賓頭盧(びんずる)像の前に供えてある、全体が真っ黒く墨のついた、

 

それらしく見える鉢を盗んできました。

 

それを錦の袋に入れて、造花の枝を添えて、かぐや姫の家に持ってきて見せました。

 

受け取ったかぐや姫は「本物だろうか」と疑わしく思いながら包みを開けてみると、

 

鉢の中に歌が添えてありました。

 

読むと

 

 

海山の 道に心を 尽くし果て ないしのはちの 涙流れき
(海を越え山を越え、その道行きに精根も尽き果て、
 あなたの望む石の鉢のために血の涙を流しましたよ)

 

 

とありました。

 

しかし、かぐや姫は

 

「本物の仏の御石の鉢には光沢や煌めきがあるはずで、これにはその光があるだろうか」

 

とあちこち調べるけれど、蛍ほどの光すらありません。

 

なので、

 

 

置く露の 光をだにも 宿さましを 小倉の山にて 何もとめけむ
(この鉢に朝露ほどでも光を宿しているかと期待したけれど、
 小暗い山で何をお探しだったのかしら)

 

 

と詠んだ返し歌と共に、家先にいる石作の皇子に鉢を突き返しました。

 

石作の皇子はそのまま偽物の鉢を門前に捨てて、

 

 

白山に あへば光の 失するかと 鉢を捨てても 頼まるるかな
(白山のように美しいかぐや姫の前にして、光を失ってしまったのでしょう。
 鉢の件はともかく、想いを受け取ってくれませんか)

 

 

と詠んで返し歌をかぐや姫の家に入れましたが、

 

かぐや姫は、もう歌を詠んで返すことはしませんでした。

 

石作の皇子は、かぐや姫に聞き入れられなかったとみるや、なお家先で言い寄い続けて

 

かぐや姫を煩わせていましたが、そのうち帰って行きました。

 

偽物の鉢を捨ててもなお言い寄ったことから、これ以降、厚かましい態度のことを、

 

「はぢをすつ(鉢を捨つ→恥を捨つ)」と言うのようになりました。

 

 

 

蓬莱の珠の枝

 

庫持の皇子のアリバイ工作

 

庫持の皇子(くらもちのみこ)は、深謀遠慮を巡らすことに長けている人でした。

 

なので朝廷には「筑紫の国へ湯治へ行ってまいります」と言って長期の休暇を申請して、

 

かぐや姫の家には「蓬莱の珠の枝を取りに行ってまいります」と使者を送って知らせました。

 

庫持の皇子が都から出発されたとき、お仕えする人々は、みな難波(なにわ)まで

 

お見送りをしに申し上げました。

 

皇子は、

 

「あまり人目に触れたくないので」

 

とおっしゃって、難波からの旅路にはお付きの人を多くお連れになりませんでした。

 

お側でお世話をする人だけをお連れになって出発なさったので、見送りにきた人たちは

 

皇子が無事に船で出発されたのをお見送り申し上げると、都へ帰って行きました。

 

しかし皇子は船出を人々にお見せになってから三日ほどたって船を陸にお戻しになりました。

 

 

皇子は以前から、このような計画をお立てになられていました。

 

蓬莱の珠の枝を探す旅に出たふりをして、工匠に精巧な偽物を作らせる計画です。

 

この時のために当時の最高の技術を持つ鍛冶工匠(かじたくみ)六人を雇い入れてました。

 

簡単には人の寄り付けない秘密の工房を建てて、さらに中で何が行われているのか

 

人に見られないように幾重にも囲いを築きました。

 

そこに先ほどの工匠たちを詰めさせ、合流した皇子も一緒になってお籠りなさいました。

 

珠の枝作りの資材は、皇子が所有されている倉・十六か所全部を空にしても足りなかったので、

 

職権を乱用して役人に国庫から供出させました。

 

 

本物と思い込むかぐや姫とおじいさん

 

こうして 庫持の皇子たちは三年がかりで、かぐや姫がおっしゃったものと全く同じ

 

珠の枝を作りあげました。

 

今度はそれを巧妙に偽装して、難波にこっそりと持ち出しました。

 

一方、庫持の皇子の屋敷には「今、皇子が船に乗って難波までお戻りになられた」との

 

知らせを入れました。

 

その知らせを聞いて、多くの人が皇子をお迎えに参上すると、

 

皇子は とても痛々い、く苦しむ様子をしていらっしゃいました。

 

それでも蓬莱の珠の枝は長櫃(ながびつ)に入れて包みで覆っていらっしゃいました。

 

このことがいつの間に人の耳に入ったのか、

 

「庫持の皇子が、優曇華(うどんげ)の花を持って都へお上りなさる」

 

とのうわさが世間に駆け巡りました。

 

かぐや姫はこのうわさを聞いて『わたしは、庫持の皇子との賭けに負けたのだ』と

 

悔しさと悲しみで胸がつぶれる思いでいました。

 

 

そのうちに竹取邸の門をたたく音とともに

 

「旅姿のままですが、庫持の皇子が参りました」

 

と呼ばわる声がしたので、おじいさんは急いでお出迎え申し上げます。

 

庫持の皇子が

 

「命懸けで、この珠の枝を持ち帰ってきました。

 

どうぞかぐや姫にお見せになってください」

 

とおっしゃるので、おじいさんはそれを持って家の中へ入っていきました。

 

かぐや姫がおじいさんからその珠の枝を受けとると、それには皇子の歌が添えてありました。

 

 

いたづらに 身はなしつとも 珠の枝を 手折らでさらに 帰らざらまし
(儚く死ぬことになっても、珠の枝を取ってこないままでは決して帰らなかったことでしょう)

 

 

かぐや姫は珠の枝やこの歌を何の感慨もなく見ていると、おじいさんはささっと寄ってきて、

 

「庫持の皇子に申しつけなさったこの蓬莱の珠の枝、姫がおっしゃった物と

 

すこしも違わないない物を、持って来ていらっしゃいます。

 

これ以上、何をあれやこれや言い訳を申し上げることがありましょうか。

 

皇子は旅の途中で、お屋敷にもお寄りにならないでいらっしゃったのです。

 

さあ、はやく庫持の皇子と結婚なさってさしあげてください」

 

と言うので、かぐや姫は物も言わず、頬杖をついて、ますます気分が沈んでしまいました。

 

 

壮大な作り話

 

庫持の皇子は、

 

「今更、どんな言い訳もできませんよ」

 

と言いながら、縁側からそっと家に上がられました。

 

でもかぐや姫は帳台の中にいるので、皇子にはかぐや姫の顔を見ることはできません。

 

おじいさんはさも当然というように、

 

「これはこの国では到底見ることのできない珠の枝ですぞ。

 

今回はどのようにお断り申し上げるのですか。

 

人柄も良い人でいらっしゃいます」

 

などと座って、かぐや姫に言い聞かせます。

 

かぐや姫は、

 

「親がおっしゃることをひたすらお断り申し上げることを申し訳なく思ったからこそ、

 

無理難題を言って先様からお断りされるように謀ったのに」

 

とつぶやいて、 気遣いに気がつかないおじいさんと、

 

難題をあっさりとこなしてきた庫持の皇子のことを忌々しく思っていました。

 

そんなかぐや姫の気も知らず、おじいさんは新婚初夜の準備をし始めました。

 

 

さて、おじいさんが戻ってきて、庫持の皇子に

 

「蓬莱の山はどのような所に、そしてこの枝の木はどんな様子であったのでございますか?

 

これは神秘的でみごとな、すばらしいものです」

 

と尋ねます。

 

皇子は、それに応えて

 

「一昨々年の二月の十日ごろに、難波から船に乗って東の海に向かいました。」

 

と語りだしました。

 

「蓬莱の山の正確な場所も分からず不安でしたけれど、

 

『男子たるもの決意したことを成さないでどうして世に生きていけるだろうか』と

 

思い直して、風に任せて航海しました。

 

たとえこの命、死のうとどうしたことか。

 

生きているうちは蓬莱という山を探し続けようと海を行き巡っていると、

 

そのうちこの国を離れていました。

 

ある時は、海が荒れ船が水底に叩きつけられそうになりました。

 

ある時は、大風に吹かれて見知らぬ国に漂着し、そこで我々を殺そうとする鬼のような化け物が

 

出てきて殺そうとしてきました。

 

ある時は、来た方角も進む方向もわからず漂流し、またある時は食料が尽きて

 

草の根すら食物としました。

 

ある時は、言うこともできないような恐ろしい化け物が来て、食いかかろうとしてきました。

 

海の貝を取って、命をつなぐことなどざらでした」

 

 

仙境・蓬莱山

 

このような旅の空の下、助けてくださる方もいない所でいろいろな病気にかかったり、

 

行くべき方向すらわかりません。

 

船が進むのに任せて海をただよい始めて五百日目、その朝八時ごろに、

 

海の向こうにちらりと山が見えました。

 

船から目を凝らして見ると、それはとても大きな 海の上に漂う山でした。

 

その山の様子は峰高く壮麗で、『これこそわたしが求める山に違いない』と思いました。

 

そうはいってもすぐに乗り込むのは不安に感じたので、山の周囲を巡って、

 

二,三日ほど様子を見ていました。

 

すると、天人の装いをした女性が、山の中から出てきて、銀の椀を持って、

 

水を汲んで歩いているのを見つけました。

 

わたしは船から降りて、その女性に『この山の名前をなんと言うのか教えてくれませんか』と

 

尋ねました。

 

するとその女性は、「この山は蓬莱の山と言います」と答えました。

 

これを聞いて、うれしいことうれしいこと。

 

この女性に、『そう教えていただいた、あなた様のお名前はなんとおっしゃるのですか』と

 

尋ねますと、 『わたしの名前は、うかんるり』と答えて、いつの間にか山の中に消えていきました。

 

 

その山はとても登れそうにありません。

 

しかしその山の周囲には、この世のものとは思えない美しい花や木々がありました。

 

黄金・銀・瑠璃色の水が山から流れ出ており、 その川には色とりどりの珠の橋が架けてありました。

 

その周りに、陽の光に輝く木々がありました。

 

それら美しい木々を見て、これらを折り取って持ち帰るのは忍びなかったけれど、

 

『かぐや姫がおっしゃったものはこれに違いない』と、この花を手折ってまいりました。

 

 

山の景色は限りなくすばらしいものでした。

 

枝を折って、この世のものとは思えない絶景を傷つけるべきではないと思ったけれど、

 

この枝を持って帰らなければもっと心残りになりそうだったので持ち帰りました。

 

船の帰路の途中に追い風が吹いて、四百余日で、難波へ帰ってまいりました。

 

まさに大願力です。

 

そして昨日、難波から都に上り、潮に濡れた服も着替えないでこちらへ参上いたしたのです」

 

と旅のいきさつを語り終えになりました。

 

翁はそれを聞いて、心から感動して

 

 

くれ竹の よよの竹取 野山にも さやはわびしき 節をのみ見し
(わたしは長年、野山で呉竹の竹取りをしてきたけれど、こんなにもつらい時があったでしょうか)

 

 

と歌を詠みました。

 

これを、皇子が聞いて、

 

「多くの日数、辛苦に忍耐していたわたしの心は、今日この日報われました」

 

とおっしゃって、

 

 

わが袂 今日乾ければ わびしさの 千種の数も 忘られぬべし
(わたしの潮で濡れた袂が今日乾いたように、辛くて流した多くの涙も今日、報われました)

 

 

と、返し歌を詠みました。

 

 

 

想定外の訪問者

 

このような話をしていると、男たち六人が連なって庭に現れました。

 

そのうちの一人は、文挟(ふばさみ)を持っていました。

 

そして、文挟にはさんだ訴状を差し出して

 

「わたくしは内匠寮(たくみつかさ)の工匠、漢部内麻呂(あやべのうちまろ)と申します。

 

わたくしどもは断食をし、祈願のうちに千余日にわたって力を尽くして

 

珠の枝をお作り申し上げました。

 

ですのに、わたくしどもはまだ褒賞を戴いておりません。

 

どうかわたくしどもに家族や弟子たちを養えるよう褒賞をお与えになって下さい」

 

と申し上げました。

 

竹取の翁は、この工匠たちが申すことはいったい何のことだろうかと首をかしげました。

 

一方、庫持の皇子は呆然としたご様子で、非常に驚いたまま座っておられました。

 

これを聞いたかぐや姫は、

 

「この差し出された訴状を取れ」

 

と言って、使用人からそれを受け取りました。

 

読むと訴状にはこうありました。

 

 

皇子の君(みこのきみ)が千日もの間、

 

わたくしども賤しき工匠らと共に工房にお籠りになりました。

 

そして見事な珠の枝を作ったなら、官位も賜ろうと仰せの言葉を頂きました。

 

ところが珠の枝を作ったにも関わらず、褒賞をいただけておりません。

 

当初は皇子の君のご依頼だと思っておりました。

 

けれど、近ごろ伝え聞くうわさから察しますところ、皇子の君ではなく、

 

御使い人(みつかいびと)でいらっしゃるだろうかぐや姫がご入り用となさったのではないかと

 

思い至りました。

 

ですので、こちらの御宅から褒賞を戴きたく存じます。

 

 

この訴状と、「賜りたいのです」と言う工匠らの言葉を聞いて、

 

かぐや姫は憂いに沈んだ気分が一転、笑いがこみあげてきました。

 

さっそくおじいさんを近くに呼んで、

 

「これは本当に、蓬莱の木かと思いました。

 

これは浅ましい偽物なのだから、早く皇子にお返し下さい」

 

と言うので、おじいさんも

 

「確かに、作らせた物とあるので、お返し致しましょう」

 

とうなずきます。

 

かぐや姫の気分は晴れ晴れとして、さきほどの歌の返し歌を

 

 

まことかと 聞きて見つれば 言の葉を 飾れる珠の 枝にぞありける
(本当かと聞き入って見ていたのに、 嘘で飾った「珠」の枝だったのですね)

 

 

と詠んで、一緒に偽物の珠の枝も返しました。

 

 

このような次第に竹取のおじいさんは、先ほど庫持の皇子とたいへん意気投合して

 

語り合っていたので、なんだか気まずくなって眠ったふりを決め込みました。

 

庫持の皇子も居ても立ってもきまりの悪いままだったけれど、

 

どうすることもできずに座っておられるままでした。

 

でも、そのまま居続けるわけにもいかないので、 日が暮れる頃にはすべるように

 

退出なされました。

 

 

さて、かぐや姫はその訴えをした工匠たちを呼んで正面に座らせて、

 

「嬉しくなることをしてくれました」

 

と言って、褒賞をたくさんお賜りになりました。

 

工匠たちはたいそう喜び、

 

「願ったとおりになった」

 

と言って帰りました。

 

ところがその帰り道に庫持の皇子が待ち伏せていて、工匠たちは血が流れるまで打ち懲らしめられました。

 

せっかくの褒賞も、みな皇子に取り上げられてしまい、命からがら逃げ出しました。

 

こうして庫持の皇子は、

 

「一生の恥といっても、これよりひどいものがあるだろうか。

 

女にフラれただけでなく、『偽物を使って騙そうとしたから結婚できなかったのだ』などと

 

世間に知れ渡ることがなにより恥ずかしくて堪えられない」

 

とおっしゃって、お一人で高い山へと入って行かれました。

 

宮中の職員や皇子にお仕えする人々が、みな手分けしてお探し申し上げたけれど、

 

どこにお隠れになられたのか、見つけることができませんでした。

 

皇子は、従者の目からも身を隠そうとなさったため、長い間

 

誰にもお会いになられませんでした。

 

これ以降、偶然に会うことを「たまさかる」と言い始めました。