竹取物語 口語訳まとめ (一)

竹取物語 口語訳まとめ (一)

訳者まえがき

 

ここに掲示されている訳は「口語訳」です。

 

 

直訳ではどうしても不自然な文章になってしまいます。

 

そのため語順の入れ替えや補足説明を加えることで、読み易くなるように工夫しています。

 

副見出しは逐語訳ごとに区切っています。

 

逐語訳とは違う解釈になっている部分もあるので、その違いを楽しんで頂けたらと

 

思います。

 

 

 

かぐや姫の生い立ち

 

竹取の翁、女児と出会う

 

今ではもう昔のことになりますが、“竹取”という屋号で呼ばれていた

 

讃岐の造(さぬきのみやっこ)という名のおじいさんがいました。

 

おじいさんはその呼び名の通り、野山に分け入って採竹してはそれを竹細工などをして

 

暮らしていました。

 

 

おじいさんがいつものように仕事で竹林へ行くと、そこで一筋の明かりを、

 

つまり根本が光っている竹の刈り株を見つけました。

 

何だろう、と不思議に思って近づいてみると、それは竹筒の内側から光っていました。

 

その中には背丈が10cmぐらいの、光り輝く女の子が可愛らしく座っています。

 

 

おじいさんは、

 

「わしが毎朝毎晩見かける竹の中にいらっしゃったので、このように出会うことが

 

できました。

 

わしが竹から竹籠を作るのと同じように、きっとこの子も我が子としてお育てする縁が

 

あったのでございましょう」

 

と言って、その子を大事に両手の内に包んで、家へお連れしました。

 

そして奥様であるおばあさんにいきさつを話して、我が子として迎えました。

 

おじいさんが仕事で留守にしている間は、家にいるおばあさんに預けてその子を育てます。

 

その女の子の可愛らしさはこの上ありません。

 

その子はとても小さかったので、おばあさんは竹の籠の中に入れて育てました。

 

 

さて、竹取り暮らしをしていたおじいさんは、女の子を見つけた後も竹取りします。

 

不思議なことに女の子を見つけてからというもの、採竹した竹の中から黄金を

 

見つけるようになりました。

 

そしてその幸運が重なり、おじいさんの家はだんだんとお金持ちになっていきました。

 

 

 

かぐや姫の成人式

 

この女の子は日ごとにすくすくと大きくおなりになります。

 

三ヶ月もすると普通の人と変わらない大きさにまで育ったので、おじいさんは、

 

今で言うところの成人式である“髪上げ”を行う良い日を取り決めました。

 

当日は女の子の髪を上げさせ、そして裳(も)を着させました。

 

 

この日まで、おじいさんはこの子のために自分の身分にはそぐわない、貴族様が用いる

 

帳台(ちょうだい)をしつらえて、その中でまるで神仏を奉るように大事に育ててきました。

 

この子の容貌の清らかさ、美しさは世に二つとないほどです。

 

そして、この子によって家の中には暗いところがないほど光で満ちていました。

 

おじいさんは体調がすぐれずに辛い思いをしているときも、腹立たしいことがあっても、

 

この子を見ればそのような不快な思いはスゥッと消えてなくなりました。

 

おじいさんはこの子を養うために勤勉に働き、竹に入った黄金を見つけることも

 

長く続いたので、多くの使用人を召し抱えるようにまでなりました。

 

 

おじいさんは髪上げの際に、御室戸(みむろと)にいる祭司・斎部秋田(いんべのあきた)を

 

呼んで、娘にふさわしい名前をつけてもらえるよう頼みました。

 

そして斎部秋田はこの娘に“なよ竹のかぐや姫”と命名しました。

 

おじいさんはその後の三日間、かぐや姫のお祝いに宴会を催しました。

 

男性であれば誰彼の区別なく呼び集めて、様々な詩歌や管弦を奏して

 

その宴会は盛大に盛り上がりました。

 

 

 

 

貴公子たちの求婚

 

かぐや姫に群がる求婚者たち

 

さて、その宴会でかぐや姫を見た人たちから、その美貌の評判を聞いた世間の男性は、

 

身分の高い低いの区別なく、

 

「なんとかかぐや姫を一目見たいなぁ、かぐや姫と結婚したいなぁ」

 

と心乱されてしまいました。

 

だからといって、おじいさんの邸宅に仕える男性使用人でさえ、そう簡単にかぐや姫と

 

会うことはできません

 

女性がみだりに男性と会うことははしたないことですし、

 

男性使用人は男主人に、女性使用人は女主人に仕えるものだからです。

 

ましてや竹取邸を囲む垣根や門の辺りにいるぐらいではなおさら一目見ることなど叶いません。

 

そうしてすっきりしない気持ちのままでいるので、夜も満足に眠れません。

 

そのため、それら男性たちは真夜中であっても竹取邸へ出かけて行って、

 

「なんとか見ることはできないか」と垣根や門に覗き穴をくじって中を伺います。

 

それでもやはり、かぐや姫を見ることはできません。

 

そしてますます悶々としながら過ごしていきます。

 

このころから、求婚することを“呼ばい”と呼んでいたことが、“夜這い”とも

 

呼ぶようになりました。

 

 

さて、求婚者たちは竹取邸の周囲をどんなにうろうろ歩いても

 

かぐや姫を見れそうもありません。

 

かぐや姫に伝言を頼もうにも、竹取邸の使用人には相手にもされません。

 

竹取邸の周りには一日中何もせずに過ごす貴族様の息子たちが多くいました。

 

でも、普通の人はそんな毎日を過ごしているうちにかぐや姫への熱も冷めてしまい、

 

「用もなく一日中ぶらぶらするのは良くないことだ」

 

と思うようになり、だんだんと来なくなりました。

 

 

 

求婚し続ける五人の貴公子たち

 

かぐや姫をあきらめてしまう人が続出する中で、それでも昼となく夜となく

 

竹取邸に通い続けていたのは良くも悪くも“色好み”で有名な、五人の貴公子たちだけでした。

 

かぐや姫に求婚し続けていたのは、

 

 

石作の皇子(いしつくりのみこ)

 

庫持の皇子(くらもちのみこ)

 

右大臣・阿部御主人(あべのみうし)

 

大納言・大伴御行(おおとものみゆき)

 

中納言・石上麻呂足(いそのうえのまろたり)

 

 

この人たちです。

 

世間に多くの女性がいる中で、美人がいるとの噂を少しでも聞くと

 

一目見ずにはいられない人たちで、かぐや姫見たさに食事も喉を通らないほどです。

 

だから、かぐや姫の気を引くために竹取邸の辺りで立ち止まったり歩いたりするけれど、

 

何の成果もありません。

 

手紙や歌を贈るけれど、返事すらありません。

 

それでも冬の凍えるような寒さや梅雨空の雷雨の中であっても、物ともせずに通い続けました。

 

 

時には竹取のおじいさんに会って、

 

「かぐや姫と結婚させて下さい」

 

と頼み込んだりするけれど、おじいさんに

 

「かぐや姫はわたしたちが産んだ子ではないので、勝手なことはできないのです」

 

とお断りされて、そのまま月日が経ちました。

 

それでも貴公子たちは家に帰って神仏に祈ったり願を立てたりして、

 

恋煩いが止むことは決してありませんでした。

 

そして、

 

「竹取のおじいさんはああは言っているけれど、いくらなんでもかぐや姫を

 

いつまでも結婚させないままでいることはないだろう」

 

とわずかな希みにすがって、一途な想いを見せつけるように竹取邸に足繁く通い続けました。

 

 

 

おじいさんとかぐや姫の結婚問答

 

熱心に通い続ける貴公子たちを見て、おじいさんはかぐや姫に

 

「姫、わしの愛しい娘。

 

姫を神仏の生まれ変わりと思って大事にお育て申し上げた親心は、誰にも引けを取りません。

 

そんな爺の話しを、聞いていただけますか?」

 

と話しを切り出すと、かぐや姫は

 

「わたしは自分が神仏の生まれ変わりだなんて思ったことはありません。

 

お二人を大事な親だとお慕いしています。

 

どうして聞かないことなどあるでしょうか」

 

と答えます。

 

それを聞いておじいさんは、

 

「うれしい事をおっしゃってくださる」

 

と安心して本題に入ります。

 

「爺も、もう七十歳を越えて今日とも明日とも知れない命です。

 

人の世では、男性は女性と結婚するもの、女性も男性と結婚するもの。

 

そうして子孫が増え、一族が栄えてゆくものなのです。

 

そうした道理の中でどうして結婚をしないでいられましょう」

 

と言って、かぐや姫に結婚を勧めます。

 

ところがかぐや姫は、

 

「どうして結婚などいたしましょう」

 

とおっしゃるので、おじいさんは

 

「いくら姫が神仏の生まれ変わりといっても、女性の身持ちでいらっしゃいます。

 

爺が生きている間は、結婚をしないでも暮らせるでしょう。

 

しかしながら、爺と婆が死んでしまえば独り身のままというわけにはいきますまい。

 

あの方々が年月を重ねてもなおこのようにおいでになり、姫に求婚を申し入れているという

 

事をよく考えて、あの方々のうちの誰かお一人との結婚を考えて差し上げてくださいませ」

 

と説得します。

 

かぐや姫は、

 

「お相手の良くない顔立ちや、ましてや悪い性根も知らずに結婚して、後になって浮気でも

 

されたならきっと悔しい思いをすることになるだろう、と思うから結婚したくないのです。

 

名のある貴族様がお相手でも本性を知らないままでは結婚できない、と考えています。

 

詩家・紀長谷雄(きのはせお)も“貧女吟”の中で、『夫を択ばば意を看よ、人を看ることなかれ』

 

(夫を選ぶ時は心を見なさい。外見や身分で判断してはいけません)と言っているではありませんか」

 

とおっしゃいます。

 

 

ちなみに、この“貧女吟”という漢詩の内容は、

 

『あるところに貧しいやもめが一人いました。

 

年老いて病気にかかっていますが、だれも彼女を訪ねる人はいません。

 

昔でこそ、彼女は裕福な家庭の美しい娘でした。

 

両親は貴族様に嫁がせるのだ、と息巻いていました。

 

彼女のもとには貴族の若者が競って求婚しました。

 

あるとき、両親は騙されて、娘をある貴族の若者に嫁がせました。

 

ところがこの貴族の若者は教養もなく品行も悪い。

 

おまけに浪費家で、すぐに家計を食いつぶしました。

 

あげくに浮気をして嫁を捨てて家を出て行ったまま戻ってきませんでした。

 

一人残された彼女がどんなに昔を思っても、幸せだった日々は戻ってこない』

 

という内容で、詩の最後には

 

『だから裕福な家庭の娘さんとご両親よ。

 

結婚相手を選ぶときは、外見・身分を見るのではなく、その心を見なさい。

 

このことを胸に刻んで、くれぐれも忘れることのないように』

 

と忠告して結んでいます。

 

かぐや姫はきっと、この詩に出てくる欲にかられた親とおじいさんを重ね合わせて

 

いたのでしょう。

 

 

おじいさんは、

 

「爺が予想していたとおりのことをおっしゃいますなぁ」

 

と苦笑いを浮かべて、

 

「では、姫はどのような御心のある人となら結婚しようとお考えですか。

 

あの方々はこれほどまでに熱心なようでございますが」

 

と尋ねるとかぐや姫は、

 

「御心のすべてを見ようと言うのではなくて、ほんの少しでいいのです。

 

あの人たちのお気持ちはだいたい同じくらいで、優劣はつけられないでしょう。

 

そこで、五人の中でわたしが見たいと思っている物を見させていただける人を、

 

お気持ちが秀でている方として、結婚し、お仕え申し上げると

 

その人たちに申し上げてください」

 

とおっしゃいます。

 

それを聞いたおじいさんは

 

「それはよろしゅうございます」

 

と喜んで承知して、五人へその言葉を伝えに出ていきました。

 

 

〈続く〉