竹取物語 現代語訳 天の羽衣 (二)

竹取物語 現代語訳 天の羽衣 (二)

訳者まえがき

 

ここに掲示されている訳は「逐語訳」です。

 

直訳に近いので、不自然な文章になっている部分があるのはそのためです。

 

高校生時代の授業の記憶や古語辞典を頼りに訳しています。

 

 

竹取物語 天の羽衣 第二回です。

 

 

本文
八月十五日になる頃に月が見えるところに出て座っていると、かぐや姫は、ひどくお泣きに

 

なります。

 

人目も、今でははばからずにお泣きになります。

 

この様子を見て、親たちも、

 

「何かあったのか」

 

と大きな声を出して問い尋ねます。

 

かぐや姫は、泣きながら言います。

 

「前々から申し上げようと思っていたけれど、必ず御心を乱されるに違いないと思って、今まで

 

過ごしてまいりました。

 

そうはいっても黙ってばかりもいられないので、申し上げます。

 

わたくしは、この国に生まれた人間ではありません。

 

月の都の人間です。

 

それを、前世からの約束があるために、この世界に参ってきたのでございます。

 

今は帰る時になってしまったので、今月の十五日に、あの故国※1から、迎えの人々が

 

やってこようとしています。

 

やむをえず行かねばならないので、嘆き悲しむだろうと思われることが悲しくて、この春から、

 

思い嘆いているのです」

 

と言って、ひどく泣くのを、翁は、

 

「これは、何ということをおっしゃるのか。

 

竹の中から見つけ申し上げたけれど、菜種の大きさ※2でいらっしゃったのを、わたしの

 

背丈と並ぶまで養い申し上げた我が子を、誰が連れ去りに迎え申し上げよう。

 

どうして許せるだろうか」

 

と言って、

 

「わたしのほうこそ死んでしまいたい」

 

と言って、泣きののしることを、抑えきれません。

 

 

かぐや姫が言うことには、

 

「月の都の人に、父母がいます。

 

ほんの一時の間といって、あの国から参って来ましたけれど、このようにこの国で多くの月日を

 

過ごしてきました。

 

あの国の父母のことも覚えていません。

 

ここには、このように長く過ごし申し上げて、親しみ申し上げています。

 

特別うれしいとかいう気持ちもしません。

 

悲しみだけが募ります。

 

だけど、わたくしの意に反して行かなければなりません」

 

と言って、一緒になってひどく泣きます。

 

お仕えする人も、長年親しんでいて、別れて出ていかれることを思うと、お性格が優美で

 

素晴らしいことを見て親しでいたので、別れてしまえば恋しく思わずにはいられないだろう

 

という思いに堪え難く、湯水も喉を通らず、かぐや姫たちと同じ思いで悲しみに暮れました。

 

 

このことを、帝が、お耳に入れなさって、竹取の家に御使(みつかい)をお遣わしに

 

なられました。

 

御使に、竹取の翁が出てお会いになって、泣きはじめると止まりません。

 

このことを嘆くあまり、髭は白く、腰も曲がり、目も泣き腫らしていました。

 

翁は、今年五十歳ほどになったけれども、物思いのせいで、わずかの間に、

 

老け込んでしまったように見えます。

 

御使は、帝の仰った事として翁に言うことには、

 

「『ひどく心苦しく思い煩っているというのは、本当か』と仰せになられています」

 

竹取の翁は、泣きながら申し上げることには、

 

「この十五日に、月の都から、かぐや姫を迎えにやって来るようです。

 

ありがたくもお尋ねてくださいました※3

 

この十五日に、人々を賜って、月の都の人がやって来たなら、捕らえさせようと思います」

 

と申し上げます。

 

御使は、帰り参上して、翁の有様を申し上げて、奏上申し上げることを、帝はお聞きになって、

 

おっしゃいます。

 

「一目見ただけで忘れることができないのに、日夜見慣れたかぐや姫を行かせるとしたら、

 

どれほど辛い思いになるだろうか」

 

 

天の羽衣 (三)

 

竹取物語
(原文:角川ソフィア文庫 新版 竹取物語より)

 

 

 

訳注
※1 月の都のこと

 

※2 カラシナの種のこと。とても小さい物の例え。

 

※3 御使を遣わせて見舞ってくれた帝に対する、翁の感謝の言葉。

 

   原文は、書き言葉による帝の使役系になっています。

 

 

前回では強がっていたかぐや姫も、とうとう迫ってくる期日に堪え切れなくなって涙の真相を

 

明かします。

 

心ばへなど貴やかにうつくしかりつることを(原文)と、慕われてたかぐや姫との別離を

 

皆が寂しがります。

 

 

それはそうと、“菜種の大きさ”という比喩表現は聖書にも出てきます。

 

この時代にはもうシルクロードを通じて日本にも伝わっていたのでしょうか?