竹取物語 現代語訳 天の羽衣 (一)

竹取物語 現代語訳 天の羽衣 (一)

訳者まえがき

 

ここに掲示されている訳は「逐語訳」です。

 

直訳に近いので、不自然な文章になっている部分があるのはそのためです。

 

高校生時代の授業の記憶や古語辞典を頼りに訳しています。

 

 

竹取物語 天の羽衣 第一回です。

 

 

本文
このようにして、御心を互いに通わす間柄におなりになり、三年ほど経つと、

 

※1の初めから、かぐや姫は、月が冴え冴えと出ているのを見て、普段よりも

 

物思いにふけるようになりました。

 

ある人が、

 

「月の顔を見ることは忌むこととされています」

 

とたしなめるけれど、何かにつけて、人が見ていない隙に月を見ては、

 

たいそうお泣きになります。

 

 

七月十五日※2に月が見えるところに座って、切に物思いに憂える様子でした。

 

お側でお仕えする人たちは、竹取の翁に告げて言うことには、

 

「かぐや姫は、いつも月を悲嘆しながらご覧になるけれども、最近では、

 

ただごとではないご様子です。

 

はなはだしく感情を抑えきれずに悲しんで泣いているようです。

 

よくよく見て差し上げてください」

 

と言うのを聞いて、かぐや姫に言うことには、

 

「どういう気持ちがあって、このように思い煩うように、月をご覧になるのでしょうか。

 

満ち足りた暮らしをしていますのに」

 

と言います。

 

かぐや姫は、

 

「月を見ると、人の世が心さびしく愛おしくも感じます。どうして悲しんでいられましょうか」

 

と言います。

 

 

かぐや姫のいる所に行ってみると、やはり物憂げな様子でした。

 

これを見て、

 

「愛しい娘よ、なにをそんなに悩んでいらっしゃるのですか。

 

お思いになっていることは、どのようなことですか」

 

と言うと、

 

「思うようなことはありません。

 

ただ心さびしく感じているだけです。」

 

と言うので、翁は、

 

「月をご覧になさいますな。

 

月をご覧になるので、物思いの兆しが出てくるのです」

 

と言うと、

 

「どうして月を見ないでいられましょうか」

 

と言って、やはり月が出れば、見えるところに座って物思いに憂いていました。

 

夕闇※3には、悩みなどない様子です。

 

それが月が出るころになれば、やはり何度も悲嘆にくれ、泣いたりします。

 

この様子を、お仕えする人たちは、

 

「やはりお悩みがあるはずです」

 

と、うわさするけれど、親をはじめとして、どんな理由かはわかりません。

 

 

天の羽衣 (二)

 

竹取物語
(原文:角川ソフィア文庫 新版 竹取物語より)

 

 

 

訳注
※1 二十四節気の立春から立夏の前まで。

 

   今の暦では2月5日ごろから5月5日ごろまで。

 

※2 二十四節気の処暑のころ。

 

   今の暦では8月23日ごろ。

 

※3 日没から月が出てくるまでの間。

 

 

かぐや姫の様子が急に変わります。

 

月を見ては思いつめたように物思いにふけ、泣いたりします。

 

周りの人が心配しても、強がって理由を述べたりはしません。

 

 

出てくる暦は旧暦です。

 

旧暦を今の暦に変えても毎年同じ日にはなりません。

 

だいたいこのくらいの日になる、ぐらいに思ってください。