竹取物語 現代語訳 火鼠の皮衣 (一)

竹取物語 現代語訳 火鼠の皮衣 (一)

訳者まえがき

 

ここに掲示されている訳は「逐語訳」です。

 

直訳に近いので、不自然な文章になっている部分があるのはそのためです。

 

高校生時代の授業の記憶や古語辞典を頼りに訳しています。

 

 

竹取物語 五つの難題・火鼠の皮衣 第一回です。

 

 

本文
右大臣:阿部御主人(あべのみうし)は、富豪で、邸宅の大きな人でございました。

 

その年に来た唐土船(もろこしぶね)※1の船主の王慶(おうけい)という人に、

 

手紙を書いて、

 

 

火鼠の皮衣とかいう物を、買ってこちらへ寄こしてほしい。

 

 

と、お仕えする人の中から、信頼のおける人を選んで、小野房守(おののふさもり)という

 

人を遣わしました。

 

手紙を持参して、かの唐土(もろこし)にいる王慶に手付金を渡しました。

 

王慶は手紙を広げて見て、返事を書きました。

 

 

火鼠の皮衣は、この国にもない物です。

 

うわさには聞いたことがあるけれど、いまだに見たことはありません。

 

この世にあるものであれば、きっとこの国にやってくるでしょう。

 

それでも難しい商いとなります。

 

そうはいってももし天竺に万が一にも持っていくことがあれば、もし長老あたりを

 

訪ね求めたら入手できるかもしれません。

 

無ければ、使いの者にお金をお返し致します。

 

 

と書きました。

 

 

待望の唐土船が来ました。

 

小野房守が帰ってきて、都へ上ってくることを聞いて、足の速い馬を連れて走らせ、

 

迎えをお遣わしになさって、馬に乗って、筑紫からたったの七日※2で参上しました。

 

手紙を見て、書いてあることには、

 

 

火鼠の皮衣は、ようやく人を使わして求めて参りました。

 

今の世でも昔の世でも、この皮衣は、そうそうある物ではありません。

 

昔、尊い天竺の聖※3が、唐土に持ってきておられました。

 

西の山寺にあると聞いて、朝廷に働きかけて、なんとか買い取って参りました。

 

対価の金額が少ないと、国司が、使いの者に申し上げたので、

 

王慶が手持ちのお金を加えて買いました。

 

今、金五十両を頂きたい。

 

船の寄港の折に、送り届けて下さい。

 

もし、お金を頂けないのなら、その皮衣を、お返しください。

 

 

と書いてあるのを見て、

 

「何をおっしゃる。もう、金額は少なくたやすいことではないですか。

 

嬉しくて伏し拝んでしまいます」

 

と、唐土の方角に向かって、伏し拝みなさった。

 

 

火鼠の皮衣 (二)

 

竹取物語
(原文:角川ソフィア文庫 新版 竹取物語より)

 

 

 

訳注
※1 唐土(もろこし)とは中国のこと 唐土船は中国の交易船を指す

 

※2 通常十四日かかるので半分の時間で戻ってきた

 

※3 徳の高い高僧のこと

 

 

五つの難題の三つ目、火鼠の皮衣です。

 

阿部御主人は豪商のようで、唐土の大商人から買い付ける方法をとります。

 

使いとして派遣される小野房守のモデルは

 

遣隋使の小野妹子(おののいもこ)
遣唐副使を断って隠岐の島に流された小野篁(おののたかむら)
遣唐使の吉備真備(きびのまきび)という

 

など諸説あります。