古文 現代語訳チャレンジ!

竹取物語 現代語訳 蓬莱の珠の枝 (五)

訳者まえがき

 

ここに掲示されている訳は「逐語訳」です。

 

直訳に近いので、不自然な文章になっている部分があるのはそのためです。

 

高校生時代の授業の記憶や古語辞典を頼りに訳しています。

 

 

竹取物語 五つの難題・蓬莱の珠の枝 第五回です。

 

 

本文
このように話していると、男たち六人が、連ねて庭に現れました。

 

一人の男が、文挟(ふばさみ)※1に訴状を挟んで申し上げました。

 

「内匠寮(たくみつかさ)※2の工匠、漢部内麻呂(あやべのうちまろ)と申しますが、

 

珠の枝をお作り申し上げること、断食をし祈願のうちに、千余日にわたって

 

力を尽くしましたこと、並大抵のことではありません。

 

であるのに、報償をまだ戴いておりません。

 

この報償をお与えになってて、わたくしたちの弟子たちに与えさせて下さい」

 

と言って、差し出しました。

 

竹取の翁は、この工匠たちが申すことは何だろうかと首をかしげました。

 

皇子は、呆然としたご様子で、非常に驚いて座っておられました。

 

 

これを、かぐや姫が聞いて、

 

「この差し出された訴状を取れ」

 

と言って、読むと、訴状にはこうありました。

 

 

皇子の君(みこのきみ)※3が、千日の間賤しき工匠らと、一緒に同じ工房にお籠りになって、
見事な珠の枝を作らせなさって、官位も賜ろうと仰せになられました。
このことを近ごろ考えると、御使い人(みつかいびと)※4でいらっしゃるだろうかぐや姫が
入り用となさったのだろうと承知いたしまして、こちらの御屋※5から戴きたい。

 

 

と書いてありまして、「賜りたいのです」と言うことを聞いて、

 

かぐや姫は、憂いに沈んだ気分だったのが一転、笑いがこみあげてきて、

 

翁を近くに呼んで言うことには、

 

「本当に、蓬莱の木かと思いました。このような浅ましい作り物なのだから、

 

早く返却して下さい」

 

と言うので、翁も答えます。

 

「確かに作らせた物と聞いたので、返すことは、たやすいことです」

 

とうなずいています。

 

 

かぐや姫の気分は晴れ晴れとして、さっきの歌の返し歌をして、

 

 

まことかと 聞きて見つれば 言の葉を 飾れる珠の 枝にぞありける♯1

 

 

と詠んで、珠の枝も返しました。

 

竹取の翁は、たいへん親しく語り合っていましたが、そうはいうものの気まずくなって

 

目をつぶってじっとしていました。

 

皇子は、居ても立ってもきまりの悪いままで、座っておられました。

 

日が暮れてきたので、すべるように退出なされました。

 

 

その愁訴した工匠を、かぐや姫は、呼んで正面に座らせて、

 

「小気味のよい人たちです」

 

と言って、褒賞をたくさんお賜りになさりました。

 

工匠らもたいそう喜び、「願ったとおりになった」と言って帰りました。

 

帰り道で、庫持の皇子によって、血が流れるまで打ち懲らしめられました。

 

褒賞を得た甲斐もなく、みな取り上げられて、逃げ出してしまいました。

 

このようにして皇子は、

 

「一生の恥といっても、これよりひどいものはない。

 

女を得られなかっただけでなく、世間の人の、評判がなにより恥ずかしい」

 

とおっしゃって、お一人で高い山※7へと入って行かれました。

 

宮中の職員、皇子にお仕えする人々が、みな手分けしてお探し申し上げたけれど、

 

お隠れ※6にでもなられたのか、見つけられることができませんでした。

 

皇子が、従者の目からも身を隠そうとなさったため、長年の間誰にもお会いに

 

なられませんでした。

 

このようなことを、「たまさかる※8」と言い始めました。

 

 

火鼠の皮衣 (一)

 

竹取物語
(原文:角川ソフィア文庫 新版 竹取物語より)

 

 

 

訳注
※1 文書を挟んで貴人に差し出す白木の杖のこと

 

※2 中務省に属する、宮中の器物・造営や殿舎の装飾などをつかさどった役所

 

※3 「君」は貴人に対する敬称

 

※4 めかけ・そばめのこと

 

※5 竹取の翁の家を指す 「みや」よりも「おん(御)や(屋)」と読むほうが

 

   正しいと思うけれど底本が「みや」らしい。

 

※6 「死ぬ」の隠語

 

※7 深山(みやま)は深い山ではなくて、霊力(神性)の支配する高い山を指す

 

   「御山(みやま)」が語源

 

※8 「偶(たまさか)る」 偶然に会うという意味

 

♯1 歌の意味
   「本当かと聞き入って見てみると、 嘘で飾った「珠」の枝だったのですね」

 

 

庫持の皇子にとってはあんまりのタイミングで現れた、給料の支払いを求める

 

工匠たちでした。

 

事実を知り、竹取の翁もバツが悪そうです。

 

一方、形勢逆転のかぐや姫の勝ち誇った顔が目に浮かぶようです。

 

それにしても報われないのは工匠たち。

 

日本一の腕前なのに・・・