竹取物語 現代語訳 蓬莱の珠の枝 (二)

竹取物語 現代語訳 蓬莱の珠の枝 (二)

訳者まえがき

 

ここに掲示されている訳は「逐語訳」です。

 

直訳に近いので、不自然な文章になっている部分があるのはそのためです。

 

高校生時代の授業の記憶や古語辞典を頼りに訳しています。

 

 

竹取物語 五つの難題・蓬莱の珠の枝 第二回です。

 

 

本文
かぐや姫がおっしゃったものと違わずに作りあげました。

 

とても巧妙に偽装して、難波にこっそりと持ち出しました。

 

「船に乗って帰ってきました」と屋敷に人を遣わし報告させて、とても痛々しく苦しむ様子を

 

していらっしゃいました。

 

お迎えに多くの人が参上しました。

 

珠の枝を長櫃(ながびつ)※1に入れて、包みで覆って持って参られました。

 

いつの間に人の耳に入ったのか、「庫持の皇子が、優曇華(うどんげ)の花を持って、

 

都へお上りなさる」と評判になっていきました。

 

これをかぐや姫が聞いて、わたしは、この皇子に負けたのだと、胸がつぶれる思いでいました。

 

 

こうしているうちに、門を叩いて、「庫持の皇子がいらっしゃいました」と

 

知らせがありました。

 

「旅のお姿のままでいらっしゃいました」と言うので、お会い申し上げます。

 

皇子がおっしゃるには、「命を懸けて、この珠の枝を持ち帰ってきました」と言って、

 

「かぐや姫にお見せになってください」と言うので、翁はそれを持って入っていきました。

 

この珠の枝に、手紙が付けてありました。

 

 

いたづらに 身はなしつとも 珠の枝を 手折らでさらに 帰らざらまし♯1

 

 

玉の枝もこの歌も、なんとも思わず落ち込んでいると、竹取の翁が、走り入ってきて

 

言うことには、

 

「この皇子に申しつけなさった蓬莱の珠の枝を、すこしも違っていない物を、持って来て

 

いらっしゃいます。何を、あれやこれや申し上げることがありましょうか。旅のお姿のままで、

 

皇子の邸宅にもお寄りにならないでいらっしゃったのです。はやく、この皇子と結婚なさって

 

さしあげてください」と言うので、ものも言わず、頬杖をついて、とてもなげかれていました。

 

 

蓬莱の珠の枝 (三)

 

竹取物語
(原文:角川ソフィア文庫 新版 竹取物語より)

 

 

 

訳注
※1 衣類や調度品を入れる長方形の蓋つきの箱

 

♯1 歌の意味は
   「儚く死ぬことになっても、珠の枝を取ってこないままでは決して帰らなかったことでしょう」

 

 

唐持の皇子は巧妙に偽装して、長い船旅から帰ってきた演出をします。

 

皇子が「蓬莱の珠の枝を持ち帰った」と聞いたかぐや姫はひどく動揺し、落ち込んでしまいます。

 

そんなかぐや姫の心中も知らず、翁はウキウキ気分で「結婚しなさい」と勧めます。

 

かぐや姫も自分が結婚の条件を出した手前、仏頂面をするよりほかありません。