竹取物語 現代語訳 仏の御石の鉢

竹取物語 現代語訳 仏の御石の鉢

訳者まえがき

 

ここに掲示されている訳は「逐語訳」です。

 

直訳に近いので、不自然な文章になっている部分があるのはそのためです。

 

高校生時代の授業の記憶や古語辞典を頼りに訳しています。

 

 

竹取物語 五つの難題・仏の御石の鉢 です。

 

 

本文
そうは言っても、この女性と結婚※1しないままでは生きていられないような気がしたので、

 

天竺(てんじく)にある物であっても持ってこないことがあろうか、と思い巡らして、

 

石作の皇子(いしつくりのみこ)は、思慮に富んだ人であったので、天竺に二つとない鉢を、

 

百千万里を行ったとしても、どうやって入手しようかと考えて、かぐや姫のもとには、

 

「本日より、天竺へ仏の御石の鉢(ほとけのみいしのはち)を取りに行ってまいります」

 

と聞かせて、三年ほど経って、大和(やまと)の国の十市の郡(とおちのこおり)※2にある

 

山寺で、賓頭盧(びんずる)※3像の前にある鉢の、全体が真っ黒く墨のついたものを

 

取って、錦の袋に入れて、造花の枝を添えて※4、かぐや姫の家に持ってきて

 

見せたけれど、かぐや姫は疑わしく思いながら見ると、鉢の中に手紙がありました。

 

広げて読むと

 

 

海山の 道に心を 尽くし果て ないしのはちの 涙流れき♯1

 

 

かぐや姫は、光があるだろうかと見るけれど、蛍ほどの光すらありません。

 

 

置く露の 光をだにも 宿さましを 小倉の山にて 何もとめけむ♯2

 

 

と返し歌※5を詠んで、鉢を突き返しました。

 

石作の皇子は鉢を門前に捨てて、この歌を返しました。

 

 

白山に あへば光の 失するかと 鉢を捨てても 頼まるるかな♯3

 

 

と詠んで家に入れました。

 

かぐや姫は、返し歌も詠みませんでした。

 

耳に聞き入れられなかったので、なお言い寄って煩わせて帰りました。

 

偽物の鉢を捨てて、なお言い寄ったように、無遠慮なことを、「はぢをすつ※6」と言うのです。

 

 

蓬莱の珠の枝 (一)

 

竹取物語
(原文:角川ソフィア文庫 新版 竹取物語より)

 

 

 

訳注
※1 見=めあわせる→妻合はす(女合はす)=嫁入りさせる

 

※2 現在の奈良県桜井市のあたり

 

※3 十六羅漢の第一尊者

 

※4 貴人に物を贈るとき、季節の草木や造花を添えるが当時のマナー

 

※5 贈られた歌の意に答えて詠む歌のこと

 

※6 “鉢を捨てる”と“恥を捨てる”の掛詞(かけことば)

 

♯1 “ないし”は「泣きし」と「石」を、“はち”は「鉢」と「血」を掛けてます

 

   歌の意味は
   「海を越え山を越え、その道行きに精根尽き果て、石の鉢のために血の涙を流しました」

 

♯2 “小倉”と“小暗”の掛詞(かけことば)

 

   歌の意味は
   「朝露ほどでも光を宿しているかと期待したけれど、
   小暗の山で何をお探しだったのかしら」

 

♯3 “白山”は“小倉の山”に対応し、かぐや姫のことを指す

 

   歌の意味は
   「白山のように美しいかぐや姫の前にして、光を失ってしまったのでしょう。
   鉢の件はともかく、想いを受け取ってくれませんか」

 

 

石作の皇子に振られた難題・仏の御石の鉢の顛末記です。

 

石作の皇子が用意した偽物の鉢は、ただの古いだけの骨董品。

 

本物は光沢があり、青紺色に光ると言われています。

 

それだけに違いは明白、簡単に見破られてしまいます。

 

 

かぐや姫の試験をクリアしていないのに呼ばわったため、「恥知らず」と言われています。