竹取物語 現代語訳 貴公子たちの求婚 (二)

竹取物語 現代語訳 貴公子たちの求婚 (二)

訳者まえがき

 

ここに掲示されている訳は「逐語訳」です。

 

直訳に近いので、不自然な文章になっている部分があるのはそのためです。

 

高校生時代の授業の記憶や古語辞典を頼りに訳しています。

 

 

竹取物語 貴公子たちの求婚 第二回です。

 

 

本文
その中で、なお言い寄り続けていたのは、恋愛の達人と言われる五人だけで、

 

恋い慕う気持ちが止む時はなく、夜も昼も来ていました。

 

その名前は、

 

石作の皇子(いしつくりのみこ)

 

庫持の皇子(くらもちのみこ)

 

右大臣:阿部御主人(あべのみうし)

 

大納言:大伴御行(おおとものみゆき)

 

中納言:石上麻呂足(いそのかみのまろたり)

 

この人たちでありました。

 

世の中の大勢の人の中にあって、少しでも美しいと聞けば、一目だけでも見たいと思う人たち

 

だったので、かぐや姫を一目見たさに、食事も喉を通らず思い煩いながら、

 

竹取の翁の家に行って、立ち止まったり歩いたりするけれど、その甲斐はありません。

 

手紙を書いて贈るけれど、返事もありません。

 

侘び歌※1を詠んで姫のもとに贈るけれど、効果はないと思っても、

 

十一月十二月の霜が降りる凍るような冷たさや、

 

六月の空を裂く稲光や激しく轟く雷鳴も、障害とも思わず来ました。

 

 

この人々、ある時は、竹取の翁を呼び出して、

 

「娘さんを、わたしにください」と、伏し拝んで、手をすり合わせておっしゃるけれど、

 

「わたしたちが産んだ子ではないので、不本意ながら思い通りにもできないのです」

 

と言って、月日が経ちました。

 

こういうわけで、この人々は、家に帰って、思い煩ったり、神仏に祈ったり、願を立てたり

 

しました。

 

恋煩いが止むことはありませんでした。

 

そうはいっても、姫をいつまでも結婚させないことはないだろうと思って、あてにして

 

いました。

 

一途な思いを見せつけるように、辺りを歩いていました。

 

 

貴公子たちの求婚 (三)

 

竹取物語
(原文:角川ソフィア文庫 新版 竹取物語より)

 

 

 

訳注
※1 思いの苦しさや悩みの気持ちをつれない相手に訴える歌

 

 

多くの脱落者が出る中で、“色好み”と評判の5人がしぶとく残りました。

 

何れも、皇子・右大臣・大納言・中納言と高貴な方々です。

 

各人とも、モデルとされる人物がいます。

 

石作の皇子は丹比島(たじのひしま)

 

庫持の皇子は藤原不比等(ふじわらのふひと)

 

右大臣:阿部御主人は阿倍御主人(あべのみうし)

 

大納言:大伴御行はそのまま大伴御行(おおとものみゆき)

 

中納言:石上麻呂足は石上麻呂(いそのかみのまろ)

 

です。

 

この範囲の訳で難しいのは“色好み”をどう訳すか。

 

辞書では「恋愛の情緒をよく解すること。情事を好むこと。またそういう人。

 

風流・風雅な方面に関心のある人」と出ています。

 

この5人に当てはめると、“ただの女たらし”という印象をぬぐえません。

 

でも身分のある方だから品の無い訳も似合わない。

 

かぐや姫主観の訳であれば、こき下ろす訳にするのだけれど。