竹取物語 現代語訳 かぐや姫の生い立ち (一)

竹取物語 現代語訳 かぐや姫の生い立ち (一)

訳者まえがき

 

ここに掲示されている訳は「逐語訳」です。

 

直訳に近いので、不自然な文章になっている部分があるのはそのためです。

 

高校生時代の授業の記憶や古語辞典を頼りに訳しています。

 

 

竹取物語は作者不詳の作品です。

 

竹取物語の構成は、

 

1・かぐや姫の生い立ち
2・貴公子たちの求婚
3・仏の御石の鉢
4.蓬莱の珠の枝
5・火鼠の皮衣
6・龍の首の珠
7・燕の子安貝
8.御狩の行幸
9・天の羽衣
10.富士の煙

 

となっています。

 

では、竹取物語 かぐや姫の生い立ち 第一回です。

 

 

本文

 

今では昔のことですが、竹取の翁と呼ばれる人物がいました。

 

野山に分け入って竹取りをしては、いろいろなことに使っていました。

 

名を讃岐の造(さぬきのみやっこ)※1といいました。

 

 

その竹の中に、根元の光る竹が一本だけありました。

 

不思議に思って、近寄って見ると、竹筒の中から光っていました。

 

そこを見ると、9センチくらいの人が、可愛らしく座っています。

 

翁が言うには、「わたしが朝ごと夕ごとに見る竹の中にいらっしゃるので気がつきました。

 

わが子※2におなりになる方なのでしょう」と言って、手の内に入れて家へ持ち帰りました。

 

妻の嫗(おうな)に預けて育てさせました。

 

可愛らしさはこの上ありません。

 

とても小さかったので、竹籠に入れて育てました。

 

 

竹取の翁は、この子を見つけた後日もなお竹取りをしていると、竹の節と節を隔てた、

 

稈(かん)※3の中に、黄金※4が入った竹を見つけることが重なりました。

 

このようにして、翁はだんだんとお金持ちになっていきました。

 

 

かぐや姫の生い立ち (二)

 

竹取物語
(原文:角川ソフィア文庫 新版 竹取物語より)

 

 

 

訳注

 

※1 この時代に姓を名乗れるのは身分の高い人だけのはず。
   ひょっとしたら名前ではなく、役職名かもしれない。

 

※2 「子」 と 「籠 ( こ )」の掛詞(かけことば)。

 

※3 竹の茎(幹)の部分。

 

※4 金塊ではなく砂金だと思われる。

 

 

竹取の翁が光る竹を見つける場面で今更ながら気付いたことがあります。。

 

・竹が光っていた場所は竹の根本の筒

 

・翁が竹を切る描写は無く、小さな子が座っている姿を見ることができた

 

これらから推察すると、竹の刈り株の中から光っていたようです。

 

絵本の挿絵でよく見られる、切られていない竹の稈から光が差していたわけではなさそうです。

 

もちろん光っていたのはかぐや姫。

 

竹ではありません。

 

 

また、竹取の翁がかぐや姫を見つけたときの言葉は、尊敬語で語られています。

 

作者自身物語を通して、かぐや姫の描写を尊敬語で表しています。

 

かぐや姫が貴人として扱われていることがわかります。